引越し見積もりのコツ

引越し料金を安くするには準備と熱意が必要


引越し料金を安くしたいというのは誰もが思うことです。

そのためにはやはり早めの準備が必要です。

 

仕事の都合でいきなり転勤と言われた場合以外は

少しずつ荷造りをしたり使わない物は

この際捨ててしまったりなどしておくと費用は抑えられます。

自分でできることはすべて自分でやることによって費用はかなり変わります。

 

そして引越し業者のいいなりにならずにきちんと自分で知識を持つことです。

そのためには自分の今の状況でいくらぐらいかかるのか相場を知ることが大切です。

数社から見積もりをとることが重要です。

見積もりをとるのは一社ずつ電話して予約をとってというのは大変です。

パソコン、携帯でできる引越し一括見積サイトを利用するべきです。

サイトに名前、住所、引っ越し先、荷物の状況を入力するだけで見積もりをとってくれます。

 

一度入力するだけで複数社から見積もりがとれるのです。

その見積もりを見て気に入ったところだけ詳しく交渉すればいいのです。

24時間無料で対応しています。夜中でも朝でも

自分の都合のいい時に利用できるのがとても便利です。

 

小さい子供や遅くまで仕事をしている人にとっては

パソコンから見積もりがとれるというのはとても助かります。

なぜ無料でそこまでしてくれるの?という質問もよくあります。

引越し業者が広告代としてサイトにお金を支払っているので無料で運営できているのです。

 

無料サイトは何かと怪しいと思う人もいますが

引越し業者によって成り立っているサイトなので怪しくありません。

個人情報の保護もしっかり管理しています。

引越し業者はサイトからの依頼を待っているのです。

サイトに載せる時点でかなり頑張った費用を載せているはずですが

さらに安くするためには日時、曜日の変更、付帯サービスをとることは

できるかなど交渉すれば安くなることも多いです。

 

あとは熱意で安くできる人もいます。

引越しを頻繁にしているので次回もここでお願いしたいと言ったり

端数は切ってくれという人もいます。

自分も荷物を積極的に運ぶのでかかる人件費を減らしてほしいと言う人もいます。

引越し料金を安くするには熱意と準備が必要です。

 

⇒ 値段交渉を成功させるコツの詳細はコチラ

 

必ず値段交渉するべき

引越しは依頼する業者によっても

時期によっても全く値段が違います。

 

3月、4月は需要が多いので高く、

6月や1月は比較的安くしてくれます。

土日は高く、平日は安いなど曜日によっても違いが出ます。

 

値段に決まりがないので引越し業者と依頼者の交渉次第なのです。

 

業者はまず高めの値段を言ってきます。

そこですぐ了承してしまうとそのまま決まってしまいます。

業者にとってはとてもラッキーですが

依頼者としては大損をしているのです。

 

必ず値段交渉するべきです。

交渉の前に5社から8社の見積もりをとるべきです。

見積もりをとって比較することで交渉に役立つだけでなく

自分も値段やサービスの違いが分かります。

 

大手引越し業者は引越しの多い時期は強気の姿勢で

値段は下げないといいますがライバル社がいくらだったと言われれば

その下の額を提示してくることもよくあります。

比較的、大手は大手の他の業者名を、

中小は中小の他の業者名を出すとよけいライバル心が出て

安い額を提示してくるようです。

 

数多くある業者の中でどこから見積もりをとるかというのも大きな問題です。

そこで便利なのが「引越し一括見積サイト」です。

ネットで24時間受け付けているので夜でも業者探しができます。

仕事、子育てをしながらでも複数の業者から見積もりがとれるのです。しかも無料です。

 

無料というと怪しむ人もいますが、引越し業者から料金を

とって運営しているので無料でできるのです。

業者もサイトからの依頼者を待っています。

一社ずつ説明したり見に来てもらって見積もりを出してもらうのはとても大変です。

それを5社でも8社でも一気に見積もりを出してもらえるのはとても楽ですよね。

労力も時間もかかりません。

 

ネットで見積もりを出してもらうので同じ条件でも最大50%も安くなります。

引越し一括見積サイトの中でも「ズバット引越し比較」は料金、

サービスなど厳選された業者だけが紹介されているので

どこを選んでも安心して任せることができます。

 

自分の希望額よりも安くていい業者を見つけることができるかもしれません。

とりあえず見積もりをとってみようというときは是非、利用してみてください。

 

⇒ 料金を最も安くする方法はコチラ

 

じっくり読んで欲しい見積もりのポイント

PAGETOP